81. 貧しくとも幸せになれる。
               ―ショーペンハウアー (1788 - 1860年)―


 アルトゥル・ショーペンハウアー(Arthur Schopenhauer)は、1788年、現在のグダニスク(ドイツ名ダンツィヒ)に富裕な商人の父と女流作家の母との間に生まれた。ゲッティンゲン大学医学部に進学したが、後にベルリン大学に移り、フィヒテの講義を受ける。ドイツの哲学者で、主著は『意志と表象としての世界』である。冒頭のことばはありふれて平凡だが、大哲学者のことばであるだけに重みがある。このことばについて彼は、「善良で慎みのある穏やかな性質の人は、貧しい環境にいても幸せになれるが、強欲でねたみ深く、意地悪な性格の人間はたとえ世界一金持ちであったとしても、みじめな気持ちから脱げ出せない。ところが、高い知性を備え、すばらしい人格を常に保っている人には、一般の人間が追い求める快楽の大部分が余分なもので、わずらわしいお荷物といってもいいほどなのだ」と、解説している。(『ショーペンハウアー・大切な教え』友田葉子訳、イースト・プレス、2010、p.29)

 ショーペンハウアーは、さらに、「富は幸せを邪魔するくらいだ」とまで言っている。その理由について彼が述べているのは、こうである。「富とは、厳密にいえば、あり余るぜいたくであり、私たちの幸福に役立つことはほとんどない。世の中には、本当の意味での精神的な教養や知識に欠け、知的職業にふさわしい客観的興味を持つことができないために、自分が不幸だと感じている金持ちが大勢いる。現実的な当然の生活必需品というレベルを超えて富を持つ行為が、人の幸福に影響することはまずないといっても過言ではなく、むしろ幸せを邪魔するくらいだ。資産を守るには、多大な不安がつきものだからである。」(同書、p.31) マタイ(19:24)の「富んでいる者が神の国にはいるよりは、らくだが針の穴を通るほうが、もっとやさしい」を思い出すが、ショーペンハウアーも、貧しくとも幸せになれる、というより、貧しい人こそ幸せになれるのだ、と言っているようでもある。