学びの栞 (B) 


 7. スピリチュアリズム



 7-a[2-m] (死んだのではなくどこか遠くに行ってしまったのでもなく)

 私が長い年月にわたって心霊主義の福音を広げようとしていたとき、私の主な関心事は愛する人を亡くした人々に慰めをもたらしたいということでした。同胞に対する人間的な暖かい愛に満ち満ちている一人の人間として、また愛する家族をもつ一人の人間として、私は後に残された人々に心から同情しました。
 そうして悲しんでいるかわいそうな人たちに、彼らが失った人々は死んだのでもなければ、どこか遠くに行ってしまったのでもなく、非常に近いところにいて、コミュニケーションをはかることすらできるのだということ、そして、彼らは安らぎと喜びの中で生活しているのだとわかってもらうこと、それが私の最大の関心事だったのです。当時の私にとっては、これは本当に大切な悟りともいうべきもので、これに比べれば、他のことはさほど重要ではなかったということがおわかりいただけるでしょうか。

  アイヴァン・クック編 『コナン・ドイル 人類へのスーパーメッセージ』
    (大内博訳)講談社、1994年、p.245

     *****


 7-b[21-c] (霊界での愛する人との再会は素晴らしいことに本当なのです)

 人はすべて、死後も生き続けるということを、真実の証拠に基づいて信じられるようになるまでは、私たち自身もかつてそうであったように、愛する者との避けることのできない別れを恐れていることでしょう。
 そのようなわけで、心霊主義を探求する人は、ふつうの場合、ひとえにこの理由のために、今は霊の世界にいる愛する人との接触、個人的な接触をはかることを願っています。愛する者との再会ほど喜びに満ち、心を慰めてくれるものがあるでしょうか。今は亡き、父親、母親、夫、妻、兄弟、姉妹、子供と、再びこの世とあの世の障壁を越えて心を通わせられるということを知るほど、心を慰めてくれるものがあるでしょうか。それは本当のことなのです。素晴らしいことに本当なのです。

  アイヴァン・クック編『コナン・ドイル 人類へのスーパーメッセージ』
    (大内博訳)講談社、1994年、p.246

     *****


 7-c (スピリチュアリズムは自ら霊的覚醒を得る機会を与えてくれる)

 スピリチュアリズムは人間が死後も生き続けていること、地上でする行為のすべてに責任があること、霊性においては人類はみな兄弟であること、そして愛と寛容と理解が互いを結びつけていることを教えている。
 が、教わるだけでは十分ではない。教わったものは二次的な知識である。やはり自らの努力で見出したものの方が価値がある。
 スピリチュアリズムの良い点は自ら見出す機会、それを蔭から援助してくれている背後霊との交信の機会、そして自ら霊的覚醒を得る機会を与えてくれることである。その覚醒が得られると、自分の考え、行為および思想をコントロールする能力が生まれ、同時にストレスを賢明に処理するコツを身につける。

    M.H.テスター『現代人の処方箋』(近藤千雄訳)
     潮文社、1988、p. 167



 7-d(死後の世界は理性的にも充分納得できなければならない)

 魂の浄化を進め、悪しき傾向性をなくし、欲望に打ち勝つためには、そうすることによって、死後に、どのような利点があるかを知っておく必要があるだろう。
 死後の生活に焦点を合わせ、それを目指し、地上の生活よりも、そちらを優先するためには、それを信じるだけでは充分ではなく、それが、いかなるものであるかを正確に知らなければならない。死後の世界は、理性的な観点からも、また、論理的な面からも、充分、納得できるものである必要があるし、良識、神の偉大さや善意、正義とも矛盾しないものでなければならない。
 この点に関して、あらゆる哲学の中で、霊実在論こそが、その揺るぎない根拠によって、人々に影響を与えることができる。
 真摯な霊実在主義者は、盲目的に信じるのではない。彼は、正確に理解したがゆえに信じるのである。しかも、彼は、みずからの判断力に基づいて理解したのである。
 死後の世界は現実そのものであって、見ようと思えば常に見ることができる。彼は、絶えず、それを見、それに触れている。疑いをさしはさむ余地はまったくないので、霊界での生活、真実の生活を知ってしまうと、限定だらけの肉体生活などには何の魅力も感じられなくなる。
 そうした観点からすると、地上での、こまごまとした出来事などは、どうでもよくなり、また、さまざまな不幸にしても、それが、なぜ、どのような目的で起こるのかが分かるので、諦念とともに潔く受け止めることができる。
 目に見えない世界と直接かかわることができるので、魂は大きく飛躍する。
 肉体と幽体を結びつける絆が弱まり、分離が始まるので、この世からあの世への移行が非常に楽になる。移行に伴う困難は、あっという間に終わる。
 というのも、あの世に踏み込んだ時点で、すぐに自分を取り戻すことができるからである。そこには未知のものは何もなく、みずからの置かれた状況をただちに理解できるのである。

  アラン・カルデック『天国と地獄』(浅岡夢二訳)
   幸福の科学出版、2006、pp.29-31

     *****


 7-e (魂の救済をはるかに容易にする霊実在論)

 「霊実在論を知らなければ、そうした結果を得ることはできず、霊実在論だけが、魂の救済を果たし得る」と主張したいわけではない。だが、霊実在論が提示する知識や感覚、霊実在論によって示される死後の霊の行方を知ることが、魂の救済をはるかに容易にするのは事実である。霊実在論によって、われわれは、霊的向上の必要性を正しく理解できるのである。
 また、霊実在論によって、われわれは、「自分以外の人が亡くなる際に、祈りや招霊という手段を通じて、その人が地上のくびきから自由になるための手助けをすることが可能となる」ということも知ることができる。その結果、その人の苦しむ時間が短くなるのである。
 真摯な祈りは、幽体に影響を与え、幽体と肉体の分離を容易にする。
 また、慎重に、智慧をもって招霊を行い、さらに、思いやりに満ちた励ましの言葉をその人にかけることで、その人の霊が、混乱状態から抜け出し、自覚を取り戻せるよう、支援をすることができる。もし、その人が苦しんでいるようであれば、苦しみから抜け出す唯一の手段である悔い改めを促すことによって、その人を助けることも可能である。

    アラン・カルデック『天国と地獄』(浅岡夢二訳)
      幸福の科学出版、2006、p.31

     *****


 7-f  (スピリチュアリズムの八つの法則)

 1 霊魂の法則
 自分が霊的な存在であることを意識して生きること。人はそれぞれ課題を持ってこの世に生まれてくる。経験を積み、感動を得ることによってたましいを磨くことを目的としている。肉体の死は現世での修行の終了を意味するにすぎず、たましいはあの世に戻って永遠に生き続ける。

 2 階層の法則
 肉体の死後、たましいは現世でいかに成長したかによって、それに応じた階層へと向かう。肉体を捨て「幽体」となると、最初は現世と幽界の中間地点である「幽現界」へ向かい、そこから「幽界」へ進み、やがて幽体をも脱ぎ捨て光となって「霊界」へと上昇する。死後の世界は明るい天国のような層から暗い地獄のような層まで幾重にも分かれており、現世での成長に応じて移行する層が変わる。

 3 波長の法則
 一言で言えば「類は友を呼ぶ」。波長の高いたましいはポジティブな出会いを引き寄せ、波長の低いたましいはネガティブな出会いを引き寄せる。みずからのたましいを向上させることで波長を高めれば、志の高い仲間と出会うことができる。逆にたましいの錬磨を怠ると、周囲にやる気のない人間が集まってしまう。

 4 守護の法則
 自分を見守ってくれる守護霊の存在を信じて生きること。依存してはいけないが、守護霊はどんなに苦しい試練の中にある時も、大きな愛で見守ってくれている。守護霊は役割によって四つに分けられる。
 生前から死後まで見守る中心的存在の「主護霊」、職業や才能を指導する「指導霊」、数年先までをコーディネイトする「支配霊」、これらを手伝う「補助霊」がいる。

 5 類魂の法則
 どのたましいも、帰るべき故郷として類魂(グループ・ソウル)を持っている。類魂をコップの水にたとえるなら、それぞれのたましいは一滴の水。現世での修行を終えたたましいは霊界に戻り、グループ・ソウルに混じり合う。すべての経験が類魂全体の叡智となり、それぞれのたましいが純化することでコップ全体の透明度を上げることを目指している。

 6 因果の法則
 自分でまいた種は、自分で刈り取らなければならない。自分の行動は必ず自分に返ってくる。自分がネガティブな想念を持っていれば、やがてネガティブな結果がもたらされる。自分が誰かを嫌うと、相手もまた自分を嫌うという現象はこのため。逆に、人に親切にすればいつか自分に返ってくるという「正のカルマ」もある。

 7 運命の法則
 運命とは変えられないものではなく、自分の力で作り上げていくもの。たましいを磨く努力によって人生を切り拓くことができる。一方、国籍や性別など自分の力では変えられないのが宿命。ケーキにたとえるなら、宿命がスポンジで運命がクリーム。スポンジの特性に合わせてクリームでデコレーションするように、どんな宿命であろうと、自分の努力で運命を拓けば人生を輝かせることができる。

 8 幸福の法則
 これまで挙げた七つの法則を欠けることなく実践すれば、霊的真理に沿って幸せを得ることができる。お金や出世などの物質主義的な成功を求めるのではなく、試練を克服しながら愛を学び、たましいを向上させることにより、「失う恐怖」から自由になることができる。それこそが、スピリチュアリズムにおける真の幸せを意味する。

   江原啓之『江原啓之・本音発言』講談社、2007、pp.10-11

     *****


 7-g (スピリチュアリズムという思想はどこから来たか)

 まずスピリチュアリズムという思想が、どこから来ているのかについて、説明しておきましょう。実は、スピリチュアリズムという思想はまだ新しく、百六十年ぐらいの歴史しかありません。一八四八年に、アメリカのニューヨーク州ハイズビュー村のある家でポルターガイストの事件が起きました。この事件は画期的な出来事でした。どのように画期的かというと、それまで霊的現象は非科学的なものとして捉えられていました。しかし、このポルターガイストの事件は、新聞に取り上げられ、騒動になったことで、初めて科学のメスが入ったのです。
 どういうポルターガイストが起きたかというと、家の中で叩く音がする、いわゆるラップ現象です。その家には幼い姉妹がいて、彼女たちが斬新なことを思いつきました。もしこれが霊だったら、会話してみようということになりました。
 「オバケさん、もしほんとうにいるならば、私が一回手を叩くから、同じ数だけ叩いてごらんなさい」と言って、手を叩くと「ビシッ」と音がする。そうしたラップ音で会話をしていきました。
 それからアルファベットの一覧表を使い、文字を指しながら、そこで音を立ててもらうことで、会話していくようになりました。出来上がった文章を読み上げたら、その霊はチャールズ・ロスナーという名前の行商人でした。行商に来た時に、この家の元の住人に殺されたと語ったのです。彼の遺体は、その家の地下に埋められているという。それを検証するために掘り起こしたら、人骨と、あと行商人のカバンが出てきました。
 そのことが、マスコミで話題になり、相当な注目を浴びました。面白いのはヨーロッパの人は、心霊現象を頭ごなしに否定するのではなくて、霊が存在しないのであれば、それを証明しなければならないと考えたことです。この事件を発端に、科学のメッカであったイギリスからのたくさんの学者によって、様々な検証が行なわれるようになりました。その中には、英国の作家コナン・ドイルもいました。ハイズビュー事件は、近代における心霊研究の第一歩となったのです。
 それ以前にも、エマニユエル・スウエデンボルグなど、霊的なことを本に書く人はたくさんいました。それらとハイズビュー村の出来事との大きな違いというのは、主観的心霊現象なのか客観的心霊現象なのかということ。つまり、主観的な心霊現象であれば、経験した人が語るだけですが、第三者によって確認された客観的心霊現象が起きたということが、歴史的な出来事だったわけです。
 その後も、不思議な現象は、イギリスでさらに研究されます。この時に初めて「霊媒」という言葉が出てきます。英語では「medium」。仲介という意味で、心霊実験に使われた霊能者を「medium」と言ったのです。彼らを利用して様々なことが行なわれました。霊を物質化してピアノを弾いてもらう、石膏の中に物質化した霊の手をいれてもらって、石膏が固まったら消えてもらう。他にも、素材の違う木材の輪をつなげてもらうとか、物理的にはありえないような実験を繰り返しました。
 ハイズビューで起きた出来事については、例えばラップ音も姉妹が自分たちの骨を鳴らしただけだったのではないかとか、いまだに否定的なことも言われていますが、今となっては検証もできません。
 しかし、科学者が行なう様々な実験を目の当たりにして、これは否定できないと考える人たちが出てきました。そうすると、この世の中は物質が全てであり、死んだら無になると考えていた哲学が百八十度変わらざるをえなくなる。生き方や今までの判断の仕方が全く変わってしまうことになった。霊的な世界を受け入れるのであれば、これまでの生き方を変えなければいけないのではないかと考え出す人たちがいました。彼らのことをスピリチュアリストと言います。彼らの考え方がスピリチュアリズムであり、これは哲学であり、思想でもあります。

    江原啓之『日本のオーラ ― 天国からの視点 ―』新潮社、2007、pp.8-10