学びの栞 (B) 


   21.霊界での再会


 21-a (霊界ではすべての魂がもう一度再会することになっている)

 わたしたちは、形が何もない状態のなかに入っていき、そこで永遠に暮らすのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。私が保証します。霊界には本当に素晴らしい場所が用意されています。これは心霊主義者がいうサマーランドよりも遥かに美しい場所で、ここですべての魂がもう一度再会することになっています。
 心に銘記してください。ここはあらゆるレベルの人間の生命体が再会する場所です。ということは、地上で肉体をもった人間もここに上昇することができるのです。それは、家族の再会の局面で、ここで家族が一緒に集い、生き生きとした愛情の絆によって結びついた人たちが再会し、挨拶を交わすことができます。
 しかし、注意してほしいのですが、この再会は必ずしも長い時間続くものではありません。こちらの世界にいる私たちも、そちらの世界にいるあなた方も、召集がかかったときには、それぞれの任務に戻っていかなければなりません。私たちの任務は喜びに満ちたもので、あなた方の任務は、辛く、骨が折れるものだ、とあなた方は感じるかもしれません。しかし、さまざまな生命の段階にある人間はそれぞれに適した、あるいは、それぞれが適応した特定の状況、ないしは環境に戻っていかなければならないのです。

  アイヴァン・クック編『コナン・ドイル 人類へのスーパーメッセージ』
    (大内博訳)講談社、1994年、pp.192-193

     *****


 21-b (魂が愛する者たちと再会して体験する愛の深さと喜び)

 霊の世界では別れはありえません。この意味が理解できるでしょうか。非常にわかりにくいかもしれませんが、霊の相性というこの考えを理解するように努めてください。二つの魂には、人間の生命体の異なったレベルでの任務が、それぞれに課されているかもしれませんが、愛し合う魂が接触できるポイントが必ずあります。ある程度の時間は待たなければならないかもしれませんが。
 ときには、あなた方自身も、意識の高い霊的なレベルに到達することができます。そのレベルとの接触を維持することはできず、どしーんと落ちてしまうかもしれませんが、霊的な高みと接触する時間をもつことはできるのです。ほんのわずかな時間、霊の世界に行けたからといって、永遠に天使になれると期待するのは無理というものでしょう。
 魂が愛する者たちと再会したときに体験する愛の深さと喜びを、いったいどうすれば、私はあなた方に伝えられるのでしょうか。本当に悲しい別れであったものが、もはや、それは自分に与えられた運命ではないと悟るのはなんという喜びでしょうか。愛し合う魂は、ときにはそれぞれの任務を果たすために、やむをえず別な道を歩まなければならないとしても、それは別れではないのです。これまで考えていたような別れが、愛の腕の中で、永遠に消滅するのを知って、本当に胸をなでおろすのです。

  アイヴァン・クック編『コナン・ドイル 人類へのスーパーメッセージ』
    (大内博訳) 講談社、1994年、pp.194-195

     *****


 21-c[7-b] (霊界での愛する人との再会は素晴らしいことに本当なのです)

 人はすべて、死後も生き続けるということを、真実の証拠に基づいて信じられるようになるまでは、私たち自身もかつてそうであったように、愛する者との避けることのできない別れを恐れていることでしょう。
 そのようなわけで、心霊主義を探求する人は、ふつうの場合、ひとえにこの理由のために、今は霊の世界にいる愛する人との接触、個人的な接触をはかることを願っています。愛する者との再会ほど喜びに満ち、心を慰めてくれるものがあるでしょうか。今は亡き、父親、母親、夫、妻、兄弟、姉妹、子供と、再びこの世とあの世の障壁を越えて心を通わせられるということを知るほど、心を慰めてくれるものがあるでしょうか。それは本当のことなのです。素晴らしいことに本当なのです。

  アイヴァン・クック編『コナン・ドイル 人類へのスーパーメッセージ』
    (大内博訳)講談社、1994年、p.246

     *****


 21-d (先に他界した人とはあの世でまた会える)

 あの世で先に他界した人とまた会えますから、と私が説いても、所詮は再現性のない世界ですから、心の底から納得できる人はわずかでしょう。
 私たちの中から死に対する恐怖感が消えないのは、あの世なんてないのだとどこかで信じているふしがあるからです。信じる信じないはその人の自由意思ですから、私がとやかくいう話ではありませんが、何らかのきっかけ、それが事故や病気なのか、あるいは何かの拍子に肉体から抜け出てしまうのかわかりませんが、何かのきっかけであの世に対する好奇心や安堵感が芽生えると、以後の人生が楽になることは確かです。
 他界した人たちはお互いあちらの世界で会うことは自由なようです。
 私たちが暮らすこの世とあの世はまったく違って、あの世は出自、資産、権威、地位、名声や名誉といった三次元的な基準では分類されないようです。そこはエネルギーの同調で成立する世界であり、それぞれの魂の性質で集団ができているようです。
 長年、一緒に家族として暮らした人が他界すると、心に大きな穴が開いてしまったかのような気持ちになり、心が傷んだ期間が長くなりすぎて社会復帰できない場合もあります。成仏を心配するとか、いつまでもメソメソするのは他界された方を心配させてしまい、これは現世の人間がしてはいけないことです。後ろ向きな気持ちは、時間の助けも借りながら薄める必要があります。
 あの世は肉体的・物理的な世界ではありませんから、私たちが今この世界で感じているような愛情とは質が異なるようです。
 あの世では魂が進むほど執着が消え、愛に関しても個人的な感情ではなく、「全体愛」へと向かうという話です。肉体という変換機、フィルターが取れますから、プラトニック・ラブをさらにハイレベルにしたような超意識の覚醒なのでしょう。魂も波動、つまり周波数というかその人の持つエネルギーごとに細分化されているようです。魂は何らかの「気づき」を得ると、より高い次元へと向かうと言われますが、仮にその次元に留まっていたいと思えば、いつまでもずっとそこにいられるそうです。
 このあたりの詳細に関しては、日本の心霊科学研究における泰斗と呼ばれる浅野和三郎さんが書かれた『小桜姫物語』(潮文社刊)に詳しいので、ご興味があれば一度お読みください。

   矢作直樹『悩まない――あるがままで今を生きる』ダイヤモンド社、2014、pp.194-196

     *****


 21-e (誰でも死んだら霊界で必ずお迎えが来る)

 少し意外に聞こえるかもしれませんが、死んだらお迎えが来るというのは本当です。これは死んだすべての人に当てはまります。例外はありません。お迎えなんか来るわけがないと思っている人にも、ちゃんとお迎えが来ます。この事実は強調して強調しすぎることはないと思います。死んだら必ずお迎えが来ます。
 先に亡くなった親や祖父、祖母が迎えに来るのが一般的です。あるいは、親しかった友達や仲間、会社の同僚、先輩、上司、恩師という場合もあります。何かの宗教を深く信じていた場合は、その神や信仰の対象、たとえばキリスト教徒ならキリスト、仏教徒なら仏、観音菩薩ということもあります。
 ただ、多くの場合は、あの世のヘルパーやガイドがそういう姿をして現れるということのようです。もちろん本物の親や祖父や友人が迎えに来ることもあります。神や仏が現れる場合は100%ヘルパーたちがふんしていると考えていいでしょう。
 お迎えの人たちに気がついて、その導きに従っていくと、「光あふれる世界」へ連れていってくれます。亡くなった人が途中で信念体系領域のどこかの世界に興味をひかれて、そちらに引き寄せられていかないように、うまくシールドしてくれます。道中ずっと話しかけて会話の中に引き込んでおくとか、意識が散漫にならないようにします。ヘルパーたちはこの道のプロですので、この辺のことはよく心得ています。ですから、一度お迎えの人たちに気がつけば、後はすんなりと「光あふれる世界」へ導かれます。
 ここで、すべての死んだ人にお迎えの人が来ているのなら、どうして全員が「光あふれる世界」に行かないのかと疑問に思われるかもしれません。
 それは、みながみなお迎えに気がつくわけではないからなのです。これまでの経験から言うと、気がつく人は少数派ではないでしょうか。
 でもお迎えに気がつきさえすれば、「光あふれる世界」へ行くことができます。途中の囚われの世界や信念体系領域に行かずにすみます。
 なので、死ぬ前の今の段階で、「死んだら必ずお迎えが来る」という事実をしっかりと知っておくということは、とても大切だと言えます。

   坂本政道『死ぬ前に知っておきたいあの世の話』
      ハート出版、2016、pp.45-46