学びの栞 (B) 


   21.霊界での再会


 21-a (霊界ではすべての魂がもう一度再会することになっている)

 わたしたちは、形が何もない状態のなかに入っていき、そこで永遠に暮らすのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。私が保証します。霊界には本当に素晴らしい場所が用意されています。これは心霊主義者がいうサマーランドよりも遥かに美しい場所で、ここですべての魂がもう一度再会することになっています。
 心に銘記してください。ここはあらゆるレベルの人間の生命体が再会する場所です。ということは、地上で肉体をもった人間もここに上昇することができるのです。それは、家族の再会の局面で、ここで家族が一緒に集い、生き生きとした愛情の絆によって結びついた人たちが再会し、挨拶を交わすことができます。
 しかし、注意してほしいのですが、この再会は必ずしも長い時間続くものではありません。こちらの世界にいる私たちも、そちらの世界にいるあなた方も、召集がかかったときには、それぞれの任務に戻っていかなければなりません。私たちの任務は喜びに満ちたもので、あなた方の任務は、辛く、骨が折れるものだ、とあなた方は感じるかもしれません。しかし、さまざまな生命の段階にある人間はそれぞれに適した、あるいは、それぞれが適応した特定の状況、ないしは環境に戻っていかなければならないのです。

  アイヴァン・クック編『コナン・ドイル 人類へのスーパーメッセージ』
    (大内博訳)講談社、1994年、pp.192-193

     *****


 21-b (魂が愛する者たちと再会して体験する愛の深さと喜び)

 霊の世界では別れはありえません。この意味が理解できるでしょうか。非常にわかりにくいかもしれませんが、霊の相性というこの考えを理解するように努めてください。二つの魂には、人間の生命体の異なったレベルでの任務が、それぞれに課されているかもしれませんが、愛し合う魂が接触できるポイントが必ずあります。ある程度の時間は待たなければならないかもしれませんが。
 ときには、あなた方自身も、意識の高い霊的なレベルに到達することができます。そのレベルとの接触を維持することはできず、どしーんと落ちてしまうかもしれませんが、霊的な高みと接触する時間をもつことはできるのです。ほんのわずかな時間、霊の世界に行けたからといって、永遠に天使になれると期待するのは無理というものでしょう。
 魂が愛する者たちと再会したときに体験する愛の深さと喜びを、いったいどうすれば、私はあなた方に伝えられるのでしょうか。本当に悲しい別れであったものが、もはや、それは自分に与えられた運命ではないと悟るのはなんという喜びでしょうか。愛し合う魂は、ときにはそれぞれの任務を果たすために、やむをえず別な道を歩まなければならないとしても、それは別れではないのです。これまで考えていたような別れが、愛の腕の中で、永遠に消滅するのを知って、本当に胸をなでおろすのです。

  アイヴァン・クック編『コナン・ドイル 人類へのスーパーメッセージ』
    (大内博訳) 講談社、1994年、pp.194-195

     *****


 21-c[7-b] (霊界での愛する人との再会は素晴らしいことに本当なのです)

 人はすべて、死後も生き続けるということを、真実の証拠に基づいて信じられるようになるまでは、私たち自身もかつてそうであったように、愛する者との避けることのできない別れを恐れていることでしょう。
 そのようなわけで、心霊主義を探求する人は、ふつうの場合、ひとえにこの理由のために、今は霊の世界にいる愛する人との接触、個人的な接触をはかることを願っています。愛する者との再会ほど喜びに満ち、心を慰めてくれるものがあるでしょうか。今は亡き、父親、母親、夫、妻、兄弟、姉妹、子供と、再びこの世とあの世の障壁を越えて心を通わせられるということを知るほど、心を慰めてくれるものがあるでしょうか。それは本当のことなのです。素晴らしいことに本当なのです。

  アイヴァン・クック編『コナン・ドイル 人類へのスーパーメッセージ』
    (大内博訳)講談社、1994年、p.246