学びの栞 (B) 


 58. 神の法則・宇宙の摂理


 58-a[59-c] (種を蒔き一定の湿り気と太陽と温度があればなぜ芽が出るのか)

 人間はこの宇宙を自動的に支配している法則と秩序について語るだけで満足し、太陽や惑星をそれぞれあるべき場所に維持している、強大な霊の力が存在しているという事実を探求しようとはしません。信心の深い人は神聖な計画や、すべての物にきちんとした秩序を与えている、愛に満ちた父なる神の存在について信頼を込めて語ります。しかし、自然に見られる法と秩序を支配し、保持して維持するための素晴らしい組織が霊界に存在しているということを考えようとはしないのです。
 科学者たちは、こうした出来事は物質的存在の正常な営みの一部であると見なしがちです。そして一種の法則によって動いていると考え、その法則に名前をつけるだけで、なぜそうなるのかを理解しようとはしません。種を土の中に蒔き、一定の湿り気と太陽と温度があれば芽が出る、と彼らは主張するのです。それを聞いた人たちは、その結果を奇跡として見るのではなく、つまり、霊的な力の不可思議な現実化であるとは見なさず、ごく当たり前の出来事として受け入れるだけです。
 これと同じように、一般の人たちは自分を支えてくれる自然のさまざまな営みを当たり前のことと見なし、自分たちの権利であるかのように考えています。その結果、自然のあらゆる現象の源である、妖精たちの限りない世話、愛情、忍耐に感謝しないのです。
 人間を含めた、地上のすべての生命力の現実化の背後には、霊的な現実という素晴らしい世界があります。こうして、真実と愛が常にこの惑星に、そして宇宙に奉仕することが可能になっているのです。

  アイヴァン・クック編『コナン・ドイル 人類へのスーパーメッセージ』
    (大内博訳)講談社、1994年、pp.201-202

     *****


 58-b[44-zb] (人は無限の能力を発達させ神に近づいていく存在である)

 ここでちょっと立ちどまって、私たちの人生を生きていく瞬間瞬間を貫いている神の力について考えてみたいと思います。また、自然界およびあらゆる種類の創造的生命体を支配し、植物、鳥、動物、人間の生命を絶えず励まし、開示してくれる、素晴らしい組織について考えてみましょう。
 それと同じ創造的な力が、無数の星々をそれぞれの軌道からそれないようにしていることに思いを馳せてみてください。その力はまた、あらゆる創造物のなかを、リズムをもった波のように貫いている生と死の流れのなかで、誕生と死、死と再生を作り出しているのです。そして自分自身にも聞いてみてください。この何者にも屈することのない生命力を創造し、現実化し、無限の時の流れの中を維持している無限の知性的存在の力を、ほんのわずかであれ、私たちは想像することが可能であるかと。
 さらにまた、人間全体が持つ素晴らしい生命のあり方について考えてみてください。いや、あなた自身の人間としての生活について考えてみてください。あらゆることについて、あなたをサポートしてくれる力もあります。あなたの内面的な生活の縦糸と横糸に、霊的な美しさと真実を織り込むことになるべく運命づけられた、一連の物理的な体験をあなたにもたらし、しかも、それを切り抜ける手助けをしてくれる力についても考えてください。
 天界で調和に満ちた静かな生活を送っている、優雅で本当に美しい存在を、あなたがほんの一瞥でもできれば、なんと素晴らしいことでしょう。彼らの顔や形の美しさを見ることができれば、悠久の昔から、数多くの人生を通して援助の手を差し延べ、やがてかくも美しく光り輝く存在を生み出したキリスト意識の不可思議な生命の流れがどのようなものか、少しはわかるに違いありません。一人一人の人間は一歩一歩訓練を受け、花を開きつつある存在であり、やがて、無限の能力を発達させ、神に近づいているのだということを、どうぞ忘れないでください。
 それだけに、じっくりと考えてほしいのです。人間の心、意思、霊の一つ一つの努力、すべての行動、とるに足りない小さな体験から、最も素晴らしい体験に至るまで、すべての体験は、このような神としての人間の実現に役立つことになるのだ、ということを。このように理解することによって、心に光がさすとき、私たちは驚愕せざるをえません。人間の心はいかに気まぐれで、感謝することを知らず、そしてわがままなものであるか!

  アイヴァン・クック編『コナン・ドイル 人類へのスーパーメッセージ』
    (大内博訳)講談社、1994年、pp.209-210

     *****


 58-c  (宇宙の法則は完璧で物質を完璧に機能させる)

 それでは、その法則に従えば、わたしはもう困ったことにはならずにすむのですか。そういうことをおっしゃっているのですか?

 あなたの言うような「困った」ことにはならないだろう。どんな状況でも、それを問題だとは考えなくなるだろう。恐れおののくような状況にはぶつからないだろう。すべての心配や疑い、不安に終止符が打たれるだろう。あなたは空想のなかのアダムとイヴのように暮らすだろう。絶対の領域で身体から切り放された霊としてではなく、相対的な領域で身体をもった霊として暮らすだろう。それでもあなたはあらゆる自由と喜びと平和を味わい、いずれ霊としての智恵と理解と力が備わるだろう。充分に自分らしさを実現して生きられるだろう。
 それがあなたがたの魂の目標である。身体をもっているあいだに、自分らしさを充分に実現すること、真の自分にふさわしい存在になること、それが目的である。
 それが、わたしの計画、わたしの理想なのだ。わたしは、あなたがたを通じて自分を実現しなければならない。それによって、概念が体験となり、わたしは自己を体験的に知る。
 宇宙の法則は、わたしが定めた法則だ。それは完璧な法則で、物質を完璧に機能させる。
 雪のひとひら以上に完璧なものを見たことがあるだろうか?その精妙さ、デザイン、対称性、ひとつひとつが雪の結晶としてあるべき姿を保ちながら、同時に個性的でもある。まさに神秘的ではないか。あなたがたは、この自然の驚くべき奇跡に驚異の念をいだくだろう。雪の結晶についてこれだけのことができるわたしなら、宇宙についてどれほどのことができると、あるいはできたと思うか。
 最も大きな物質から最も小さな分子まで、その対称性、デザインの完璧さに思いをめぐらせてみても、あなたは真実を把握することはできないだろう。その真実を垣間みているいまでさえ、その意義を想像することも、理解することもできない。だが、意義があること、それがあなたがたの理解力をはるかに超えた複雑で特別なものであることはわかるだろう。
 シェイクスピアはいみじくも言った。
 「天と地のあいだには、おまえの哲学では及びもつかないことがあるのだ」と。

  ニール・ドナルド・ウォルシュ『神との対話』
    (吉田利子訳)サンマーク出版、1997、pp.63-64

     *****


 58-d  (どうすれば自然の法則を知ることができるのか)

 それでは、どうすれば自然の法則を知ることができるのですか。どうすれば、学べるのですか?

 学ぶのではなく、思い出すのだ。

 どうすれば、思い出せるんですか?

 まず、静かにすることだ。外の世界を静かにさせて、内側の世界が見えてくるようにしなさい。この内側を見る力、洞察力こそあなたが求めるものだが、外部の現実に心をわずらわせていては決して得られない。だから、できるだけ内側へと入っていきなさい。内側へ入らないときには、内側から外の世界と向かいあいなさい。つぎの放言を忘れないようにして―。
 「内側へ入っていかなければ、からっぽで出ていかなければならない」
 このモットーを実感するために、一人称でくり返してごらん。
 「内側へ入っていかなければ、わたしはからっぽで出ていかなければならない」
 あなたはこれまで、からっぽだった。だが、これからもそうである必要はないし、過去にだって、違う在り方はできた。
 あなたはどんなふうにでもなれる。できないこともないし、手に入れられないものもない。

 それは現実にしてはすばらしすぎる約束のように思えますが。

 神の約束なら、それが当然ではないか? わたしがすばらしくない約束をすると思うのか?
 何千年ものあいだ、人びとはほんとうにしてはすばらしすぎる、というばかばかしい理由で神の約束を信じなかった。そして、もっと小さな約束、もっと小さな愛を選んだ。神の最も高い約束は最も高い愛から生じる。あなたがたは完璧な愛を考えられず、完璧な約束も考えられない。それに、完璧な人間も考えられない。だから、自分自身すら信じられない。
 こうしたことを信じられないというのは、神を信じられないということだ。神を信じれば、神の最大の贈り物である無条件の愛と、神の最大の約束である無限の可能性が信じられる。

  ニール・ドナルド・ウォルシュ『神との対話』
    (吉田利子訳)サンマーク出版、1997、pp.65-66

     *****


 58-e (摂理は自ら体験することによって認識していくほかはない)

 生命が永遠に続くからには、その働きは摂理に従わねばならない。それが避けがたい宿命である。その摂理は実に入り組んでいる。が、絶対に片手落ちということがない。中断するということがない。修正されることもない。破棄されることもない。絶対不変なのである。
 摂理は数多く存在する。といっても、それは聖なる書に書き記されているわけでもなく、石の平板に刻まれているわけでもない。あなた自ら体験することによって認識していくほかはない。

  M.H.テスター『現代人の処方箋』近藤千雄訳
    (潮文社、1988)p.40

     *****


 58-f (因果律がどのように働くかは自分で理解しないといけない)

 因果律がどのように働くものかは自分で理解しないといけない。すでに得心なさっている方もいるであろう。類は類を呼ぶ″の摂理を立証する体験の数々をよく反省してみられるとよい。これまでの出来事を振り返ってみて果たして自分が蒔いたタネを刈り取っている″かどうかを考えてみるとよい。過去から学び、未来のために活用することである。
 自然の摂理の作用には絶対にしくじりというものがない。人間はその多くを犯す。つい侵犯してその結果を見せつけられるまでは、その存在に気づかないものである。もしも疑念を抱いた時は、愛は摂理の成就なりという基本原理を思い出すことである。摂理の理解をいっそう身近かなものにしてくれるのは同胞への愛であり、全創造物への愛であり、生命そのものへの愛である。

  M.H.テスター『現代人の処方箋』近藤千雄訳、
   (潮文社、1988)p.41