学びの栞 (B) 


 67. 産児制限


 67-a (産児制限についてはどのように考えればよいか)

 産児制限の問題は、宗教的な大問題として、現今まではほとんどの宗教家が絶対反対の立場を採っており、近来一部の宗教家が、賛成を唱え初めているが、全体を通じて、まだまだ反対の立場を採る宗教家が多いのは、やはり、霊魂の進化を妨げ、神の意志に惇るものとしての、反対なのである。
 ところで私は、この産児制限については、他の宗教家のように、特別神経質になってはいない。何故ならば、この肉体世界の人間のほとんどが、いまだ神の真の意志や、人間の本体を、知っていない今日、いくら、子供は神から来るので、自分たちの都合のために制限をするなどということは、その精霊の進化を阻害し、神の意志に惇るものである、といったところで、現実に、少ない収入で七人も八人もの子供がある上、また妊娠しては大変だと、恐れる夫婦や、血統的に悪い子供が生まれるであろうことを予想される妊娠に対して、前記のような言葉で、自然に逆らわぬことを教えたとしたら、その人たちを判断に迷わせ、恐れさせるだけで、人間の自由性を縛ることになり、かえって神の真意に惇ることになるのである。
 夫婦間の性行為は、ただたんに子供を生む、というだけの目的ではなく、夫婦間の愛の交流であり、想念の交流であって、お互いの長所短所が、この行為によって、より良く交ぜ合わさり、お互いを調和せしめ、高め合う行為なのである。子を生む、ということは、その一部の目的なのである。
 子を生むことだけが目的ならば、定期、定期に欲情をもよおすように、人間も創られていなければならぬはずである。
 私は、妊娠以前の産児制限を、悪行為であるとは、決して思っていない。ただし、その制限によって、その家庭を、より幸福のほうに切り開いてゆくことを切望しているものである。また、なた、もう一つ上の望みは、産児制限などせずとも、自分の家庭は、ちょうど自分に必要な子供だけでき、立派に育ってゆくものだ、ということを確信できるような、精神的悟道に入ってもらいたい、と世の人びとに望んで止まぬものである。

  五井昌久『神と人間』(白光真宏会出版局、1988)pp.80-81