学びの栞 (B) 


 74. 背後霊

 74-a [50-a] (人の一生は後天的に変わりうるか)

 人の一生は過去生の因縁によって、大体定まっているものであるが、その人が、守護霊、守護神に素直である場合、または善なる意志力の強い場合、祖先や父母が人を救っている場合、等の場合は、後天的に運命が修正される。
 私が常に人々にいうのは、守護霊、守護神に、いつも感謝し、祈っていなさい、ということなのである。守護霊、守護神といっても眼に見えるわけではないから、そんなことといってしまう人はそれまでで、素直に感謝していれば、それは直接神への感謝になるので、自分の過去世から犯して来た、悪行為、悪想念などから割り出されて一度び定まっているその人の悪い運命も(善い行為、善想念による善い運命は、そのまま喜べることで、別にいうことはない)悪縁に触れず、その果の出ぬように、出ても、不幸が軽く済むように、導いてくれるので、そのまま、運命は修正されてゆくのである。これは、神に素直である人の救われの道である。
 意志カの強い場合、これも真理に素直であることが根抵にないと、意志カだけでは、定まった運命のままに、一生を終ってしまう。
 善いといわれ、自分も善いと信じたことを、その意志カにものをいわせ、徴底してやってゆけば、運命は変わってゆく。
 祖先や父母が人を救っていた場合は、この救われた人びとの感謝の想念が、自然に、その子孫の因縁の現れを弱めてくれる。また、その救われた人が霊魂である場合は、霊界から直接応援して、守護霊のように、その人を導いてくれる。これは、その人の努力とは別個に、運命修正のカとなる。
 その理を知らなくとも、人間は、愛と真の行いをして、人を救い、自己を裁くことをも止めれば、運命は善くなってゆくのである。

  五井昌久『神と人間』白光真宏会出版局、
    1988、pp.81-82

     *****


 74-b (守護霊とはおおむね祖先の霊でその子孫を幸福へ導こうとする)

 守護霊とはおおむね祖先の霊である。祖父さん、祖母さんが、自分の背後にいて、霊の眼で、霊の耳で、子孫である自分の運命を予見し、悪い運命への道から、善い運命の道へ、導いて下さるのである。
 それはちょうど、父母が小さ子供の手を取って、あちらだ、こちらだと、引き廻わしてくれるのと同じことなのである。しかし、肉体の父母にはその子の将来の運命は一分後のこともわからない。が、守護霊はその子孫の将来に起こる出来事をよく知っていて、その子孫の運命を幸福へ、幸福へと導こうとしているのである。

  五井昌久『神と人間』(白光真宏会出版局、1988)p.35

     *****


 74-c (守護霊に感謝を捧げている人ほど守りやすい肉体はない)

 守護霊は霊界,幽界、肉体界と三界を通して働ける者なので、幽界において、できつつある運命、あるいはすでにできあがって、時間の経過につれて自然に肉体界(現界)の運命として現われようとする悪想念の結果(因果)を、あらゆる手段をもって、その人間の運命として現れぬように修正してゆく。
 この守護霊の働きを、知っている人、感じている人は実に少なくて、肉体人間の大半が、この蔭の働きを知らないのである。守護霊はその肉体人間が、守護霊の守護の力を知ろうと知るまいと、それは問わず、ただひたすら、運命の修正に全力を挙げているのである。いわゆる菩薩行なのである。
 いったいどういう風に守護霊が運命を修正してゆくかというと、種々の方法がある。
 例えば、転覆した汽車に乗るべきを、忘れ物をして乗り遅れたため、生命の危機を逃れた、という場合、物を忘れた、この忘れ物に守護霊の働きがあるので、守護霊の念が、その人の肉体頭脳に働きかけ、その人の頭の回転を瞬間的に阻止して物を忘れさせるのである。
 また他の人を使って、自分の守護する人間を助ける場合もある。
 例えば、ある人が、何か急に友人Aを尋ねたくなり、別段に用事もないのに、急用でもあるような気持で、その友人を尋ねる。と、友人A一家は、事業に失敗して、今まさに一家心中の手前であった。驚いたある人は早速この友人Aのために一肌脱いでやることになった。
 この場合、Aの守護霊は、Aを助けるため、Aと波長の合う友人のある人に、念を送り、Aの家へ引き寄せたのである。この友人なら、Aを救ってくれる、ということを、守護霊は、はっきり知っているのである。
 この二つの例のようなことが、常に人間世界の生活の上に起こっているのである。
 守護霊はその被守護体の睡っている時から醒めて働いている時、休んでいる時、いついかなる時間にも、この人間を守りつづけているのである。そして、この人間の発する悪想念の蓄積を浄めるために、たゆまざる努力をつづけているのである。もっとも、肉体界(現界)の救いとしては、この人間にでき得るかぎりの努力、経験をさせつつ、いざという時に助けるのである。
 ここで、大いに考えなければならぬことは、守護霊にとって、一番働きやすい、肉体人間の状態は、常に守護霊のほうに心を向けていてくれることである。
 守護霊の存在のいかに重大であるかを知って、常に守護霊に感謝を捧げている子孫ほど守りやすい肉体はないのである。もっとも守護霊の生前の氏名など知る必要はない。守護霊が懸命に、浄めの念を肉体に送っても、その肉体の心が、全然他をむいていて、一向に守護霊のほうに心を向けなければ、守りにくくて仕方がない。

  五井昌久『神と人間』(白光真宏会出版局、1988)pp.39-41

     *****


 74-d (守護霊に感謝を忘れず自己の運命を委せればよい)

 人間が、自己の運命を改善し、幸福になりたいとするならば、ただ、守護霊に自己の運命を委せればよい。守護霊さん、ありがとうございます、守護神さん、ありがとうございます、神様、ありがとうございます、と常に感謝していればよい。この心が神への全託なのであり、守護霊の活躍を充分にさせる一番よい方法なのである。
 この心でいれば、その人の行動はおのずから、調和した整ったものになり、生活は楽しく楽になるに決まっているのである。何故ならは、守護霊、守護神、と真っすぐにつながり、そのつながりによって、その光によって、業生の因縁因果の渦巻からいつの間にか離脱でき、分霊本来の光が直霊(神)につながり、肉体をもったままで、人間神の子の実観を、真に体得できるのである。

  五井昌久『神と人間』(白光真宏会出版局、1988)p.42

     *****


 74-e(人間生活は自分一人で生きているのではなく守護霊と二人連れ)

 弘法大師が、同行二人、といったのは、この人間生活は自分一人で生きているのではなく、守護霊と二人連れなのだ、神様と一緒に生きているんだ、ということで、キリストの、神常に汝と倶にあり、という言葉と同じである。ただ、一般の人たちに、神、という風に、あまりに大きな、高い感じのものより、守護霊という、自分自身と直接つながりを持つ、祖先のしかも力ある霊が背後で常に守ってくれている、と思うほうが非常な親近感で、念じやすく、かえって神に統一する環境になりやすい。

  五井昌久『神と人間』(白光真宏会出版局、1988)p.44

     *****


 74-f[64-a] (人の一生は先天的に決定されているものであるか)

 人の一生は過去世の因縁によって、大体定まっているものであるが、その人が、守護霊、守護神に素直である場合、または善なる意志力の強い場合、祖先や父母が人を救っている場合、等の場合は、後天的に運命が修正される。
 私が常に人びとにいうのは、守護霊、守護神に、いつも感謝し、祈っていなさい、ということなのである。守護霊、守護神といっても眼に見えるわけではないから、そんなことといってしまう人はそれまでで、素直に感謝していれば、それは直接神への感謝になるので、自分の過去世から犯して来た、悪行為、悪想念などから割り出されて一度び定まっているその人の悪い運命も(善い行為、善想念による善い運命は、そのまま喜べることで、別にいうことはない)悪縁に触れず、その果の出ぬように、出ても、不幸が軽く済むように、導いてくれるので、そのまま、運命は修正されてゆくのである。これは、神に素直である人の救われの道である。
 意志力の強い場合、これも真理に素直であることが根底にないと、意志力だけでは、定まった運命のままに、一生を終ってしまう。
 善いといわれ、自分も善いと信じたことを、その意志力にものをいわせ、徹底してやってゆけば、運命は変わってゆく。
 祖先や父母が人を救っていた場合は、この救われた人びとの感謝の想念が、自然に、その子孫の因縁の現れを弱めてくれる。また、その救われた人が霊魂である場合は、霊界から直接応援して、守護霊のように、その人を導いてくれる。これは、その人の努力とは別個に、運命修正の力となる。
 その理を知らなくとも、人間は、愛と真の行いをして、人を救い、自己を裁くことをも止めれば、運命は善くなってゆくのである。

  五井昌久『神と人間』(白光真宏会出版局、1988)pp.81-82

     *****


 74-g [79-a] (指導霊からの援助とあなたの進むべき道を選ぶ自由意志)

 あなた方は気がついていないようですが、皆さんは、毎日の生活を営むなかで、目に見えない友達によって一歩、一歩導かれ、手を貸してもらっているのです。彼らがあなたのためにしてくれることに気づいているとしても、それは当然のことだと考えています。
 この友達とは、人間の魂の世話をするために降りてきて、ときには何年間にもわたって、いや、一生にわたって、魂の中に神聖な火花を起こそうとしている指導霊のことです。彼らはどんな困難に直面してもひるむことなく、ばらばらになってしまった人間の生活の断片を元に戻そうとして、絶えず努力しています。人間の魂のなかに、ほんのわずかであれ、キリストの意識を目覚めさせようとして頑張っているのです。
 彼らは地上に住む人間をこのようにたえず援助するかたわら、地上よりもさらに低いアストラル界の下のほうにも降りていって仕事をしています。アストラル界の上層部にも行きます。人間存在の最も低いレベルから最も高いレベルまで、人間に対する彼らの超越的な愛と援助が浸透しているのです。
 それでは、人間の自由意思の力はどうなるのだ、という疑問を皆さんは持つかもしれません。人間は欲望の程度によって判断されるのか、成功によってか、それとも失敗によって判断されるのかと思われるかもしれません。なぜなら、人間の日常生活の外面的な枠組みに対してさえ、この強烈な力が働いているとすれば、人間は何かの大きなゲームの駒、あるいは、操り人形に過ぎないからです。
 しかし、事実は異なります。たしかに、人間の内面的な生活に対するこのような手助けが、偉大な愛の存在である神によって命じられてはいますが、それによってほんのわずかであれ行動する際の自由意思が、人間から失われるということはありません。
 なぜなら、あなた方は常に選択をしているからです。上昇する道を進むか、それとも、下降する道を進むか。外部の出来事に対して肯定的に反応するか、否定的に反応するか。あるいは、建設的な行動をとるか、破壊的な行動をとるか。下降する道を選択したときにのみ、苦しみや苦難を通して、その選択ないしは決定の“結果”を体験することになるのです。

  アイヴァン・クック編『コナン・ドイル 人類へのスーパーメッセージ』
    (大内博訳) 講談社、1994年、pp.207-208

     *****


 74-h[30-u] (霊界のガイドからのメッセージに耳を傾ける =3=)

 パーソナル・ガイドはあなたがこの世で知っていた人物の場合もあります。たとえば、母親や父親、祖父母、伯父伯母、あるいは、すでに霊の世界に去った友人。人は亡くなってもあなたのことをずっと忘れません。現世でつちかわれた愛の絆は霊界でも続くのです。
 天国に行った霊はそこでみずからの人生を振り返り、生きているあいだにもっとあなたを助ければよかったと考えます。その機会がめぐってきたわけですから、霊はそれを最大限に活用してあなたを援助してくれるでしょう。日常の出来事や家族の心配事を助けてくれたり、あるいは、あなた自身の心の動揺や変化に支援の手を差しのべてくれるかもしれません。
 パーソナル・ガイドは、日常生活のなかでわたしたちを導こうと熱心に働きかけ、状況を改善する最良の方法をなんとか示そうと努力します。けれども、その一方で、現世のわたしたちはさまざまな教訓や難題を経験することによって学習したり向上したりするわけですから、最愛の霊といえどもそれに干渉することはできないのです。わたしたちの学習過程は決して容易ではありません。困難な状況や人生の試練からわたしたちが最大の恩恵を得られるように、ガイドたちがただ傍観し、わたしたち自身の決断を見守っている場合も多いのです。時には耐えがたい場合もありますが、そういうときこそわたしたちは最も大きなことを学び取るのです。
 そうしたガイドはいつもわたしたちのそばにいるのか、それとも、わたしたちのほうから手を伸ばして、来てくれるように頼まなければいけないのか、とたくさんの方から質問されます。わたしの答えはこうです。わたしたちは決してひとりではない。ガイドは常にわたしたちのすぐそばにいます。わたしたちを見守り、援助するのが彼ら霊の務めなのです。わたしたちが開わる課題に応じてガイドは時どき代わるかもしれません。けれども、わたしたちのほうから呼ぶ必要はないのです。彼らはわたしたちの求めをわかっていますし、いつでも喜んで手を貸してくれるからです。

  ジェームズ・ヴァン・プラグ『もういちど会えたら』
    中井京子訳、光文社、1998、pp.66-67

     *****


 74-i[30-v](霊界のガイドからのメッセージに耳を傾ける =4=)

 第二のカテゴリーは熟練技能あるいは専門知識を持つヘルパーです。わたしたちが従事している活動や仕事に関して導いてくれる霊たちです。この専門ガイドはわたしたちが努力して取り組んでいる分野の専門知識を持っています。たいていは特定の知識分野でのエキスパートです。たとえば、あなたがミステリー小説を書こうと決心すると、同じ分野の著作活動に従事していたか、もしくは、専門としていた作家の霊がその決意に引き寄せられてきます。このガイドが、創作技術を高める方法や着想の活用法をあなたの心に吹き込んでくれるかもしれません。音楽家や芸術家、数学者、科学者、教師、ソーシャルワーカーといった人びとにもこれはあてはまります。あなたが助力を求めればその分野のガイドたちが来てくれるでしょう。印象やフィーリングをあるがままに受け入れれば受け入れるほど、有効なメッセージが伝わり、好結果が生まれます。これはすべての人にあてはまります。どれだけ受け入れられるか、その一点にかかっているのです。あらゆる作品、特に偉大な大家たちのそれは霊界から霊感を受けているのです。
 なぜガイドはわたしたちを助けたいのでしょうか? 答えは簡単。それが自然だからです。霊の世界に移ると、わたしたちはすべて平等なのだと強く意識するようになります。人類が成長し、学習し、同じ考えを分かち合い、向上できるように、なんとか助けたい。霊的ガイドは自分たちの想念を人間に伝え、援助することで、あらゆるものに内在する霊的エネルギーに人類が同調できるように助けるのです。繰り返しになりますが、わたしたちがどれだけ心を開いているかによって、畏敬の念を感じずにはいられないほどすばらしいインスピレーションがもたらされることもあるでしょうし、そうでなければ、霊は気づいてもらうまで辛抱強く待っているかもしれません。
 第三のカテゴリーに属するヘルパーは霊の教師あるいはマスターです。彼らは霊的にきわめて高い存在で、物質界には生きたことがないかもしれませんし、何度も転生を重ねながら、なんらかの霊的な仕事に携わっていたのかもしれません。ほかのガイドたちと同様、わたしたちの霊的な発達度や理解度に応じて引き寄せられてきます。霊の教師はわたしたちの霊的な進歩を助けたいと強く願っています。霊的な才能や可能性を与えようとする場合も多いのです。霊的啓蒙の途上にある者にとってこのガイダンスははかりしれない恩恵となります。
 転生を繰り返して魂を進化させていくわたしたちには、たいていひとりかふたりのマスターが一貫して付き添ってくれるでしょう。わたしたちの霊的自己に同調し、わたしたちが物質界で過ごすあいだは霊的な成長を助け、中間生でも援助してくれます。しかも、個々の生においてはそれぞれにマスター・ガイドが現われるでしょう。やはり、わたしたちの魂の進化の度合いに応じてガイドが惹きつけられ、重要な教訓や人格の諸相の改善を手助けしてくれます。たとえば、ガイドの導きで無条件の愛を学べるかもしれません。「生徒の心構えがととのうと教師が現われる」という言葉はまさに真実です。

  ジェームズ・ヴァン・プラグ『もういちど会えたら』
    中井京子訳、光文社、1998、pp.67-69



 74-j[47-d] (あなた自身の霊的ガイドを見つけるには)

 わたし自身、ガイドたちがわたしのもとへ現われたり、ほかの霊媒から教えてもらうまでは、霊的ガイドについて考えたこともありませんでした。あなたのガイドが誰なのか特に知る必要はないと思いますが、なかには自分が話している相手をどうしても知りたいという人もいます。霊がそばにいて導いてくれるという概念を納得するひとつの方法なのです。それだけで自分に教師がいることを把握できるわけではありませんが、そういった人びとは人格化した交わりを求めるのです。その気持ちはよくわかります。いくつかの方法を使えば霊的ガイドを認知しやすくなります。
 まず第一の方法は瞑想です。霊的ガイドに会うという意志を持って瞑想に入ります。充分にリラックスしたところで、教師に姿を現わしてくださいと心のなかで頼んでみましょう。深いリラックス状態にあって、なおかつ、過大な期待を持っていなければ、あなたの心の目には誰かの顔が浮かんでくるでしょうし、あるいは、衣服の一部が見えるかもしれません。たとえば、一本の羽毛が見えて、それがアメリカインディアンのものだと気づく場合もあるでしょう。そこで、もっと見せてくださいと頼めば、ガイドが姿を現わすかもしれません。ひとりの教師を見ることができたら、別の教師を見たいと頼んでもかまいません。あるいは、最初のガイドに、ここで学ぶべき教訓を示してくださいと頼んでもいいでしょう。瞑想を終えたらガイド(たち)に感謝しましょう。日誌をつけ、ガイドのことやガイドから示された内容、とりわけ彼らの使命について書き留めておくことをお勧めします。
 瞑想やリラックスの程度によって個人差はありますが、この訓練でうまくいくはずです。もしなかなか教師の姿が認識できなかったり見えない場合は、別の方法を試してみましょう。ベッドに横たわって眠りにつきながら、夢のなかで姿を現わしてくださいと教師に頼むのです。マントラのように何度も何度も頭のなかで繰り返し唱えましょう。やがて、眠りに落ちると、教師の夢を見るはずです。結果がすぐに出るとはかざらないので根気よく続けてください。結果が現われるまで毎晩繰り返し祈る必要があるかもしれません。

  ジェームズ・ヴァン・プラグ『もういちど会えたら』
    中井京子訳、光文社、1998、pp.73-74

     *****


 74-k (あなた方は言葉につくせないほどの愛に囲まれている)

 とりわけ重要なのは、地球上の生命および宇宙の全存在― 実のところその数は、あなたがたが想像しうるよりはるかに多い― には大きな意味がある、と理解することである。すべての存在は女神たちや神々に見守られている。みなさんの世界では、いかなる状況においても無数の魂が世話をしてくれており、あなたがた一人ひとりは言葉につくせないほどの愛に囲まれている。だから安心してほしい。世界には目的があり、その目的は善なのだ。もしあなたが悩み苦しんでいるなら、人生のどこかにその苦しみをやわらげたり変えたりしてくれる鍵があることを知ってほしい。あなたが犠牲者なら、自分の心の片隅に、持ち前の強さを発揮することのできる強くて有能な人がいることを知っておいてほしい。もし友人や家族の一員が彼ら自身を傷つけているせいであなたが心を痛めているなら、大目に見ることと他人に奉仕することの間で調和をとることが、あなたがた双方を変えてくれるということを覚えておいて欲しい。心の内を包み隠さず話して、あとは大目に見てあげるのが一番その人のためになることもあるのだ。

  ジュディー・ラドン『輪廻を超えて』
    片桐すみ子訳、人文書院、1996、p.22

     *****


 74-l (人間には例外なく一人ないし複数の背後霊がついている)

 人間には例外なく背後霊がついている。その中に一人ないし複数の、とくにあなたと連絡が取りやすい霊がいて、その霊が取り次いでくれる。別に霊能者は必要ではないのである。
 身体を締めつけるような衣類(コルセット、ドルト等)を取りはずし、思い切り寛ぎ、お気に入りのイスに腰かけ、部屋を少し暗くして、騒音を遮断する。そうした環境の中で日常生活の物的な煩わしさを一切忘れて瞑想する。これが背後霊との連絡に最も理想的な状態である。
 もとより、霊の声を聞くとか姿を見るとかの現象は起きないかもしれない。幻想的な光の変化を見たとか、草原が燃えるシーンを見たとかの話にはならないかもしれない。
 そういうことは、実は、無用なのである。背後霊はコミュニケーション(通信)ではなくてコミューン(交わり)によって指導するのである。導き、慰め、援助、その他、あなたに必要なものがどこからともなく得られることに気づかれるはずである。
 霊的援助はそうした形で得られるのであって、人間的努力を省くために霊能者に頼ろうとするのは、霊的能力の悪用である。

  M.H.テスター『現代人の処方箋』(近藤千雄訳)
    潮文社、1988、pp.79-80

     *****


 74-m[25-k] (地上生活のすべては“録画”されているから何一つ隠せない)

 人間は死んで次の世界へ行くと、しばらくは地上生活の反省をさせられる。地上時代のことがビデオテープを見るように展開する。すると自分の過ち、間違い、手落ちが明瞭に認識される。別にキリスト教でいうような審判日とか天国とか地獄があるわけではない。淡々とした調子で地上での行為について自己反省させられる。すべてが録画されているから何一つ隠せない。
 その時に自惚れの愚かさがありありと分かる。霊的な授かりものを自分のものと思い込んでいたから愚かなのである。自分のやったことはみな自分一人の功績と思い込んでいたわけである。
 実際には背後霊がいろいろと世話を焼いてくれていたのを無視していたわけである。そして何よりもいけないのは、自分の業績を低い次元、世俗的レベルに下げていたことになる。
 自分の業績を地上のものさしだけで計ると何だか立派なことをしたような誇りを覚えるものである。が、永遠の生命の観点から判断すると取るに足らぬことに思えてくる。

    M.H.テスター『現代人の処方箋』(近藤千雄訳)
      潮文社、1988、pp. 113-114

     *****


 74-n (やがて背後霊とともに見直すことになる自分の人生)

 一枚の絵を仕上げると、画家はスモックを脱いで数歩さがってその出来具合を見つめる。人生も同じである。死という最後の一筆を描き終えると、肉体というスモックを脱ぎ捨てる。そして自分の地上人生をビデオテープで見直すことになる。
 背後霊も姿を見せる。いうなれば美術評論家である。彼らもいっしょにビデオを見る。が、一番厳しい批評をするのは自分自身である。なぜなら、あそこのところはああすれば良かった、ということが実感として分かるのは自分以外にはいないからである。
 これと同じことが、いずれあなたにも起きる。地上での寿命が終わると、その肉体も捨てる。そして地上に別れを告げる。が、すぐに霊界生活に入るわけではない。その前に右に述べたような地上生活の反省の期間がある。
 それだけは絶対に避けて通れない。人生の一コマ一コマ、絵の一筆に批評が加えられる。広いカンバスの上で細かいところまで調べ上げられる。

   M.H.テスター『現代人の処方箋』(近藤千雄訳)
      潮文社、1988、pp. 163-164

     *****


 74-o (守護霊はなぜこの世の人間を守っているか) 

 まず、守護霊についてですが、各人には守護霊がついているとか、守護霊に力があれば人生が好転するが、守護霊に力がないと不運になるとかよくいいます。結論からさきに、いいますと、守護霊はやはり存在するものであり、しかも、各人に一名割りあてられているのです。そして、守護霊の力によってその人生が左右されるというのは、ある程度真実です。
 ではなぜ、守護霊が生きている人間を、あの世、すなわち、実在界から守護するようになったのか、その秘密をあきらかにしたいと思います。
 約三億数千万年前、地球に人類が住みはじめたころには、地上で生活する人間には、守護霊はついておりませんでした。しかし、地上生活をする人たちは、心が澄んでおりましたので、実在界の霊たちと直接交信することができました。現在でいう、霊道現象というのは、日常茶飯事だったのです。つまり、夜になると、各人が、坐禅のポーズで瞑想状態に入り、天上界の霊たちと交信をしながら、一日のことをふりかえるのがつねでした。なかには、瞑想中に、肉体を抜け出して、如来界や菩薩界で仕事をしている人間もおりました。
 このころには、まだ、地獄界もなく、悪霊は存在しませんでした。ですから、地上界の人たちも、実在界の人たちも、いつも善念と調和に満たされておりました。したがって、特別に守護霊をつけてまもってやらなくても、なんの心配もなかったのです。
 ところが、いまから一億二千万年ぐらい前になると、天上界の最下段、四次元幽界のなかに、不調和な念をもった霊たちが、暗い地獄界をつくりはじめました。しかも、彼らは神の光のエネルギーが入ってこないために、地上界を混乱におとしいれ、人びとに欲望と悪と不調和の想念エネルギーをつくり出させ、それを彼らの生命の糧としはじめたのです。こうしたことは、まったく予想されなかった事態の出現でした。地獄霊たちは、地上界の人間の心に忍び込み、不調和、争い、怒り、ねたみ、愚痴、こうした心を起こさせ、世の中を不信と混乱の渦中におとしいれようと画策しはじめたのです。
 このため、天上界では、光の指導霊たちが緊急会議をひらき、対策をたてることとなりました。そのとき、アモール、すなわち、現在のイエス・キリストの提案で、つぎの三つのことを決めたのです。

 一、悪霊の完全支配をさけるため、今後地上界の人間には、原則として、霊道をひらかせないこととし、物質世界で、よりよき人生を選びとる方向で努力させる。
 二、地上に誕生するとき、各人に守護霊を一名つけ、地獄界からの誘惑から身をまもらせることとする。
 三、実在界のことを完全に忘却されてはこまるので、今後、一定の周期ごとに、光の指導霊を地上に派遣して、宗教を説かせ、あの世の実在世界について、人びとに知らしめる。

この三原則は、それ以後、一億年以上にわたり、まもられております。しかし、地獄界がかなり巨大なものとなったため、一名の守護霊の力だけでは、魂修行をしている人間をとてもまもりきることがむずかしくなってきました。しかも、宗教家以外の一般の人びとは霊道をひらくことが禁止され、したがって、過去世の記憶を思い出すことが不可能になったため、かえって、この世の物質的欲望にのめり込んでゆくようになりました。
 さらに、光の指導霊が一定の期間おきに地上で宗教を起こしていたのが裏目に出たため、宗教間の争い、宗派間の争いが起きはじめました。それに乗じて、地獄の悪魔とかいわれる者が、宗教家の心のなかにも忍び込みはじめ、まちがった教えを説かせたため、地上にますます混乱をまき起こしていったのです。
 こういった事態を背景に、私たちの神理伝道が意味をもち、緊急性をおびていることは当然ですが、それにもまして、守護霊のシステムにも改良を加えねばならなくなってきたといえます。
 原則として、守護霊は、本体、分身方式でつくられた六人のグループのうち、つぎに地上に出る者がなっているのですが、地上に出る者の使命が大きく、どうしてもその実現が期待される場合には、その人の人生の最大関心事を専門とする指導霊をつけることとしました。
 とくに宗教家には、その人の本来の霊格以上の力をもった光の天使を指導霊とするようになりました。このようにして、守護、指導霊体制がかたまってきたのですが、地上生活をする人たちは、依然としてさまざまな悪霊たちによって、運命を翻弄されつづけているようです。

     大川隆邦『太陽の法』角川文庫、1990、pp.65-68