武 本 昌 三(たけもと・しょうぞう)

1930年大阪に生まれる。

東京外国語大学卒業後米国留学、オレゴン大学 (University of Oregon) 大学院修了。

室蘭工業大学助教授、小樽商科大学教授、文部省在外研究員、フルブライト上級研究員、オレゴン大学、アリゾナ大学、ノース・カロライナ大学、ロンドン大学各客員教授を経て跡見学園女子大学短期大学部教授。現在、同大学名誉教授。特定非営利活動(NPO)法人「大空の会」(子どもを亡くした親の会)理事。

専攻:英語学、比較文化論。

著書:『太平洋のかなたに』(榊原出版)、『英文解釈の研究と演習』(共著・篠崎書林)、『The Turning Point in Reading』(共編・文理)、『英語教育のなかの比較文化論』(鷹書房弓プレス)、『イギリス・比較文化の旅』(鷹書房弓プレス)、『アメリカ・光と影の旅』(文芸社)、『妻と子の生きた証に』(北都工芸社)、『疑惑の航跡』(潮出版社)、『大韓航空機事件の研究』(編著・三一書房)、『生と死の彼方に』(文芸社)、『天国からの手紙』(学研パブリッシング)など。

その他:「アメリカへの旅ー英語学徒・武本潔典の想い出ー」(福武書店「英語」1984年5月号)、「ノース・カロライナへの道」(福武書店「英語」1984年8月号)、「妻と子に捧げるレクイエム」(潮出版社「潮」1984年9月号)、「遺族はなぜアメリカを弾劾するか」(岩波書店「世界」1985年10月号)、「アメリカ政府を告発する」(報道と評論「論点」1986年1月第5号)、「霧の中ではない大韓航空機事件の真相」(情報企画社「月刊イズム」1990年12月号)、「祈りへの道」(日本心霊科学協会「心霊研究」1992年1月号)、「真実の教えを求めて」International Institute for Spiritualism 「LIGHT WORKERS」2004年夏号(2004年6月)など。



文芸社刊
生と死の彼方に
いのちを慈しみ明日に向かって生きる